常務執行役員:石井博(CTP:認定事業再生士)のプロフィール|会社の資金繰りの相談やセミナーなら資金繰り対策室|喜望大地

資金繰り対策室 >常務執行役員:石井博(CTP:認定事業再生士)のプロフィール

常務執行役員:石井博(CTP:認定事業再生士)のプロフィール

常務執行役員 石井博(CTP:認定事業再生士)

常務執行役員:石井博(CTP:認定事業再生士)のプロフィール

大学卒業後、大手総合商社日商岩井株式会社に就職。国内鉄鋼部門に配属され、新規得意先開拓に貢献する。

その後、年商55億円の家業である金属プレス加工および金型製作メーカーに転職し、実父の急死にともない代表取締役に就任。
過剰債務により代表取締役就任後、半年後に民事再生法を申請(負債総額35億円)。

株主責任、経営責任をとり代表取締役及び取締役を退任。しかし、ご迷惑をお掛けした方々にお仕事でお返しをしたい思いが強く、財務企画部長として在籍し事業再生に注力、その後、取締役に再任され申請後3年にて自己資本比率50%弱の企業に再生。

その後、元外資系コンサルティングファームに転職するも、中堅中小零細企業の事業再生のご支援をしたい思いが強く、当社に入社した。
再生させる意志・意欲があれば必ず再生出来ることを身を持って体験。債務者に元気とパワーを与える伝道師を目指し活動している。

主な実績

法的整理(民事再生法)を申請した当事者として、債権者、得意先、仕入業者、協力会社等利害関係者への対応、また、連帯保証をしていた経営者であったことから、窮地に追い込まれた経営者の方々の立場を理解しご支援をしている。

保有資格

CTP(認定事業再生士)

挨拶文

1. なぜ、この仕事についたのか
自ら経営する企業を法的整理(民事再生法)のスキームを活用して事業再生させた経験・体験をもとにし、窮境状態に陥っている中堅・中小企業の事業再生のご支援をさせていただきたい思いでこの仕事についた。
また、金融機関からの借入に対して連帯保証をしていた当事者として、連帯保証人である経営者の方々の心のよりどころとしてのご支援をしたい、という思いがあったことから。

2. 何を大切にしてお客様に接しているか
マネジメント層に対して、『何が何でも事業再生をする、事業再生をさせる。』という強い意志・意欲を醸成させることを第一に考え、マネジメントを補佐し、戦略や作戦を提言する、いわゆる経営コンサルタントの位置付けを超え、事業再生するためにマネジメント層とともに一体となって成果をつくり上げていくことを大切にしている。

  • お電話での無料相談
  • 無料メール相談
お金を借りなくても良い理由
会社の再建をあきらめている方へ
出版物のご案内
      
  • 会社を潰さずに資金繰りを解決する方法
  • お金を借りなくても良い理由
  • 銀行負債のリスケジュール交渉
  • 不渡り事故についての対応
  • リース会社・家賃の減額交渉
  • 社員への給与遅配への対応
  • 賃金カット・不採算店舗の閉鎖
  • 社会保険や税務署の傾向対策
  • 仕入先からの信用不安の解消
  • 会社分割による再生方法
  • 私的再生と法的再生の違い
 
      
  • 当社 喜望大地について
  • 会社概要
  • 代表・喜多洲山のプロフィール
  • 事業再生士・スタッフの紹介
  • 秘密厳守ポリシー
 
      
  • 喜望大地による資金繰り解決の特徴
  • 負債30億円の倒産寸前から再生した体験
  • 社長の不得手な交渉を補佐します
  • 家族に心配をかけない自宅保全法
  • 解決事例
  • 解決にかかる期間
 
      
  • ご相談方法について
  • ご相談時にご準備いただくもの
  • 費用について
  • ご相談はこちら?初回相談は無料?