常務執行役員:神崎和也(CTP:認定事業再生士)のプロフィール|会社の資金繰りの相談やセミナーなら資金繰り対策室|喜望大地

資金繰り対策室 >常務執行役員:神崎和也(CTP:認定事業再生士)のプロフィール

常務執行役員:神崎和也(CTP:認定事業再生士)のプロフィール

常務執行役員 神崎和也(CTP:認定事業再生士)

常務執行役員:神崎和也(CTP:認定事業再生士)のプロフィール

22歳で便宜置籍船(ケミカルタンカー)に対しての外国人船員派遣業を創業。
3年で15船、約400人の外国人船員を抱えるまでに成長させた後、韓国企業に売却

その後、フランス産高級角砂糖(a la perche)、超高級葉巻(Davidoff,Cohiba)、等の当時輸入困難であった規制品目の個人輸入業を創業し、大手企業に販売権売却。

その後、日本マクドナルド株式会社入社。
店長期間(5年間)で全国優秀店長2回選出(Sales&Profit、LocalStoreMarketing)

100億円規模のマネージメント経験後、本部にて直営店PL管理責任者を経て、中堅外食企業(300店舗)の営業本部長として、社内組織の再編を短期間に実現。
営業管理部門の生産性を30%以上向上させるとともに、販管費の削減、店舗賃料の低減交渉等により、営業利益を大幅にアップさせた。

フランチャイジーとフランチャイザーの双方の豊富な経験と卓越したチェーン店理論を持ち、現場力の改善による収益性向上を得意とする。

主な実績

2009年度 再生コンサルティング 48件
第二会社方式による事業再編型再生案件 11件

再生実績
債務総額
30億円以上の大型案件 2件
10?30億円の中型案件 3件

プライベートファイナンスによる緊急資金調達

保有資格

CTP(認定事業再生士)

挨拶文

前職では、ある外食FCチェーンの役員をしておりました。このデフレの世の中でも特に競争の激しい外食産業ですから、開店後数年は繁盛していても、開店資金を回収する迄それを維持継続させるのは非常に困難な時代になってきていました。

店舗不振によるFC店舗の撤退や、脱サラをして新たに開業するFCオーナーの資金調達をお手伝いしておりましたが、数々の悲惨な例と数少ない成功例を見るにつけ、これこそ天職と考え、株式会社喜望大地に参加するに至りました。

弊社の顧客は当然ながら中小零細企業が中心です。間違っても、上場企業やそれに準ずる企業ではありません。よく、企業は『人』だと言いますが、中小企業は、特に『社長』の『人』に尽きます。社長自ら過去の過ちを直視し、自らの行動を根本的に変えていく気概のある会社は必ず再生できます。

弊社に何もかも丸投げするのではなく、自らの事業再生にかける思いを実現する為に、弊社のノウハウ、経験を利用するという姿勢で臨まれる会社のほうが再生できる確率は格段に上がります。私はそういう社長や会社を応援していきたいと考えております。

  • お電話での無料相談
  • 無料メール相談
お金を借りなくても良い理由
会社の再建をあきらめている方へ
出版物のご案内
      
  • 会社を潰さずに資金繰りを解決する方法
  • お金を借りなくても良い理由
  • 銀行負債のリスケジュール交渉
  • 不渡り事故についての対応
  • リース会社・家賃の減額交渉
  • 社員への給与遅配への対応
  • 賃金カット・不採算店舗の閉鎖
  • 社会保険や税務署の傾向対策
  • 仕入先からの信用不安の解消
  • 会社分割による再生方法
  • 私的再生と法的再生の違い
 
      
  • 当社 喜望大地について
  • 会社概要
  • 代表・喜多洲山のプロフィール
  • 事業再生士・スタッフの紹介
  • 秘密厳守ポリシー
 
      
  • 喜望大地による資金繰り解決の特徴
  • 負債30億円の倒産寸前から再生した体験
  • 社長の不得手な交渉を補佐します
  • 家族に心配をかけない自宅保全法
  • 解決事例
  • 解決にかかる期間
 
      
  • ご相談方法について
  • ご相談時にご準備いただくもの
  • 費用について
  • ご相談はこちら?初回相談は無料?