家族に心配をかけない自宅保全法

住み慣れた家に住み続けたい

中小企業の経営者の多くは、銀行からの借入にあたって自宅を担保にしています。
経営が順調なときはよいのですが、会社が経営危機に陥り、万が一倒産となったときには、家を失ってしまうことになります。

家を売却、あるいは競売に付され、引っ越していかなければならないのは辛いことです。
特に社長夫人はご近所や地域とのつながりも深く、今住んでいる家に住み続けたいという気持ちが強いものです。
子どもが学校にでも通っていればなおさらです。

住み続けるために、売って、借りる!『空蝉(うつせみ)作戦』

会社が経営危機に瀕したとき、銀行の担保となっている自宅を守る方法はないのでしょうか。
実は、あるのです。
それは「売却して賃貸で住み続ける」という方法です。
そんなことができるのかと思うでしょうが、不可能ではありません。

家は建てた当初より価値が下がっているはずです。
固定資産税が年々安くなるのは、家屋の価値が下がるからです。
土地家屋を担保に取っている銀行は、現在の評価額で売却することを認めてくれますから、売るときには抵当権を抹消してくれます。

そこで親族、知人、友人、不動産投資会社などに家を買ってもらい、その後は買ってくれた相手に家賃を払って住み続ける賃貸契約を結ぶのです。
資金に余裕のある親族が買ってくれればベストですが、知人、友人でも可能性はあります。
この手法はセール&リースバックと呼ばれ、不動産投資会社でも利用できることがあります。

住み続けるために、売って、借りる

事業再生で状況が好転すれば買戻しも

親族や不動産投資会社に買い取ってもらった家は、いずれ状況が好転した場合、買い戻すこともできます。
買い戻す方法も、子息名義のローン活用や、新会社での買戻しなどケース・バイ・ケースでいろいろな方法があり、喜望大地ではその枠組みづくりもサポートし、多くの実績を持っております。

家が金融機関の担保になっているからといって、あきらめることはありません。
自宅に住み続ける方法はきっとあります。
私たち喜望大地では、アドバイザリースタッフのなかに不動産関連のプロフェッショナルもスタンバイしています。
安心してご相談ください。

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

更新日:

Copyright© 資金繰り悪化改善や資金調達・会社経営がうまくいかない方への資金繰りサポート , 2019 All Rights Reserved.