出版物のご案内

借金があっても事業承継

じつは、多くの中小企業経営者が頭を悩ませている事業承継。
「継ぎたくなる会社」にするにはどうすればいいのか。
本書では、信託制度や一般社団法人制度の活用ノウハウなどを紹介しながら、「儲からない経営」「過剰債務」の解決策を示し、スムーズな事業承継とハッピーリタイアメントへの道筋を示す。

ハイリスク金融商品に騙されるな!

帝国データバンクの発表によれば、2011年は大企業の倒産が鎮静化する一方で、円高による中小企業の倒産は過去最多のペースで増えており、なかでもデリバティブ損失が原因の企業倒産が増えたという。
これら中小企業の多くは、投機で金融商品を買ったわけではなく、「為替リスクのヘッジ」「金利変動のリスクをヘッジ」という名目で取引先の金融機関から商品の契約を結ばされたのだ。
金融庁の調査によれば、04年から10年9月までの間に、銀行によって中小企業向けに販売された為替デリバティブ商品は約6万件。
そのうち多額損失の中小企業は2万社近くあるという。
つまり、商品自体がおかしく、ヘッジにならないものをヘッジと称して売っていたのだ。
著者は個人に対しても警告する。
「金融機関が個人に売る商品は金融機関が儲かる商品であり、その個人に合っているかどうかは関係ない」。
しかし大丈夫、打つ手はある。
今後、騙されないためにも必読!

あなたの会社をお救いします

悩める社長の救世主、苦しい経営がみるみるよみがえる!
企業再生のプロが教える、立ち直りのノウハウを公開!!

負債30億円。内容証明郵便300通、裁判所からの特別送達100通、競売9物件ほか、差押さえ件数は数え切れないほど――。
そんなどん底から一念発起。
組織再編による事業再生を成し遂げ、現在までに500社を越える事業再生を成功させた著者が教える、会社をよみがえらせる方法とは?
「事業再生」を専門とするドクターとして、その過程を病院の診断に見立てて、問診、応急処置、手術、リハビリ・・・と会社の問題を浮き彫りにし、解決へと導く方法をわかりやすく解説します。
経済状況が厳しい中、一歩でも前に進むために、すぐに役立つ救済の書。

事業再生家

7人の社長がみた天国と地獄。
不可能を可能にする企業再生の秘策とは?

自らも「借金30億円の地獄」から復活を果たした著者が、事業再生のプロフェッショナルとして数々の社長・企業を瀕死の状態から再生・復活させた成功例をヒントに、そのノウハウをストーリー仕立てでわかりやすく解説。
借金地獄、差押え最終通告、ヤミ金の取立て、給与遅配、投資の大失敗、倒産寸前……。
万策尽きたと思っても、打つ手は無限!
ストーリーで具体的な経営危機の突破法がわかる実践的ビジネス小説!

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください